■プロフィール

てらかわとしかず

Author:てらかわとしかず
根っからの関西人、サラリーマン人生を卒業し、ここ白馬村に青山見つけたり、健康寿命80を目標に楽しい、充実した田舎暮らしを続けたいと思っています、よろしく。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

里に雪が・・・・・
11月26日朝
 窓の外は白・・・、白馬の里に雪が振りました、いよいよ雪のシーズンに突入です。24日の午後木枯らし一番が吹き、翌25日北アルプスが白く化粧しました。
2015_11_26朝 (520x293)
 25日朝
2015_11_15朝、八方尾根、三山 (520x293)
今朝のニュースで私も大女優と思っていた「原節子さん」が9/5に亡くなられていたことが報じられました。95歳没、私は「晩春」「麦秋」が大好きです。ご冥福を祈ります。
 今日も白馬中でのICT支援員勤務です。今年も残り少なくなって来ました、頑張って楽しい人生を。行ってきます!


スポンサーサイト
未分類 | 07:59:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
あれから365日
11月22日
 もうあれから365日、一年の月日が経過した。高年齢になってからは時の流れの速さを感じるのは私だけではないだろうがことさらに早く感じる自分がいる。あの地震で怪我なく生き長らえさせてくれたこの世の全てに感謝し、いつまで続くか知れないが残りの人生をここ白馬の地で、日々大切にかつ楽しく過ごしていくことを自分自身(心と体)に誓う2015年11月22日にしたい。
 思い返してみると17日エベレストトレッキング・ネパールから帰国し、14年は思いで深い年で終わりそうだと思った時、22日午後10時8分、「ドカーーん!!」「私にもまだこんな人生が残っているのか!」凄い揺れの地震に遭遇、怪我なく脱出できたものの、家はめちゃくちゃの全壊状態、ベッドから抜け出た時に夜空に輝く星が凄かったのが印象的に残っている。何とか着るものを確保し、友人宅に身を寄せ、知り合いのペンション・行政が用意したホテル・仮設住宅へと流れて、2015年を何とか自分の空間で過ごせる目途がつきスタートさせた。その間、本当に親身になって支援してもらった方々に心からの感謝を申し上げます。「ありがとうございました」
 仮設住宅での生活をしながら「2015寺川復興計画」をどうするのか?終の棲家をどう考えるのかを模索する一年になってしまいました、今だ決定には至っていません。でも今年もいろんなことがありました、元気で居れることはなんと大切なことなのかを痛感する年にもなった気がします、このブログで一年の経過を紹介していますのでご覧ください。白馬の四季はいつものように流れていく中、人の一年は結構右往左往するように思います。私を支えてくれている全てのものに感謝の気持ちを忘れず、そろそろ次のステップに踏み出すこと強く意識しながらの今日この頃です。
  左奥の高いのがエベレストです (250x160)  白馬大地震の我が家の状態7 (550x367) (250x167)



未分類 | 09:50:12 | トラックバック(0) | コメント(1)
この感動があるから私は白馬にこだわるのだ・・・・
11月1日  快晴なので五竜の小遠見山まで歩いてきました。五竜からの初冬 雪をかぶった北アルプス連峰の絶景です。
Youtubeサイトへ動画もアップしました。
11月1日小遠見に


未分類 | 19:42:03 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad